公益財団法人 小笠原流煎茶道

  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • French
  • 同門の皆様へ

1.まずは予約!

本部に電話(メールも可)して近くの教室を案内してもらい
一日体験を予約しました!
各教室によりお稽古日、時間帯が異なるので確認しましょう。

2.予約日に教室へ

足袋の変わりに白い靴下を持参し、教室へ行きます。
教室のベルを鳴らすと案内してもらえます。
(その他のお教室でも すぐにお迎え致します)

3.教室に入る

まずは、先生にご挨拶。
優しくお出迎えしてくださいました。

4.お稽古場へ見学に

A. まずは、にじってお部屋に入ります。

B. お点前拝見

C. お菓子が運ばれる。

D. 一煎目のお茶を頂く。

E. お菓子を頂く。

F. 二煎目を頂く。お運びにも挑戦。(※)

G. 床の間の拝見。

5.教室について説明してもらう

先生にお稽古内容について説明してもらいました。

お稽古では色んなお点前やお客様の作法、お運びサンなどの役を交代でするんだって。他にも美しい立ち居振る舞いや盛り物(煎茶のお花)日常の作法なんかもいろいろ勉強出来そう。お稽古中に気を付けている立ち居振る舞いが身に付けば、日頃のさりげない所作もすごく変わるんだって!

※ 通常はお客様体験のみとなります。

花嫁修業に、子育ての合間に、全く新しい世界に……。自由な時間をちょっと費やして、煎茶道のお稽古を始めてみませんか? 忙しい日常のうちでは業績や欲に惑わされ、人としての心の本質や温かみを忘れてしまいがちです。たかが一服、されど一服。真心を込めて淹れたお茶を五感で味わい、心が満たされる瞬間を楽しみましょう。

ケイコとマナブのサイトからも、資料をご請求できます→ 5.教室について説明してもらう